自分の好きな場所であの味が楽しめる。画期的なサービスとは

食品に関するお役立ち情報について

歴史で見る変化

弁当の歴史と仕出し弁当の違いを紹介

弁当の起源は、平安時代です。 当時は、おにぎりの他に調理済みの乾燥豆が携帯用の食料でした。 安土桃山時代には、漆器の弁当箱が作られ、花見や茶会で食べられる様になったのです。 江戸時代に入ると、旅行客などは簡単な腰弁当を作る様になり、現代にもある幕の内弁当もこの時代に登場します。 能や歌舞伎を観覧する人が、幕の間に食べる事から幕の内弁当と呼ばれました。 弁当の本も出版されるなど、多くの人に知れ渡るのです。 明治時代には、役所に勤務する官史達や学校に通う生徒や教師も、弁当を持って行っていました。 鉄道駅では、最初の駅弁が販売され、ヨーロッパスタイルの弁当が出来たのもこの頃です。 仕出し弁当は、料理屋さんが注文を受けて作った弁当の事で、普通の弁当とは少し違います。 法事や接待、特別なお祝いなどの、見た目が豪華な弁当が仕出し弁当になります。

仕出し弁当のメリットやデメリット

仕出し弁当を利用するには、メリットとデメリットが存在します。 メリットは、弁当なので片づけが簡単に出来る事です。 また、宅配してくれるので、注文しておけば大丈夫でしょう。 会議とか病院とかで料理が出せない場所でも、気軽に出す事が出来ます。 飲食店が見つからない時や時間がない時などにも、良いでしょう。 プロが作るので味は美味しいですし、見た目も豪華なので満足出来ます。 デメリットは、仕出し弁当は弁当と違ってプロの料理人が作るので、値段が高いです。 その場で調理する訳ではないので、ケータリングやお店とは違い冷めた料理になるでしょう。 色々な業者が参入しているので、そこの業者に頼めば良いのか悩む事もあります。 回収容器を使用している場合も多く、回収しに来てもらうまでスペースが必要です。